ファクタリングを使ってキャッシュを用意した。ただ経理面もしっかりと行わなくてはいけません。まずファクタリングの仕訳としては借り入れにはなりませんが、この部分を経理の方で間違っている場合も多々あります。こうう性質からもファクタリングを利用する際に、決算前などでBS(バランスシート)に現金を残したい時にも実は使える手法にもなりますので、対銀行に対して見た目を良くしたい場合でもファクタリングを利用される事が多くなっています。このファクタリングの会計処理についてわからない事があればネットを使って【ファクタリング 会計 仕訳】などを検索をするとある程度の情報は出てきます。経営歴が長い時事務方さんでもファクタリングの存在すら知らない場合もありますので、どうしてもネットで調べて意味がわからない場合には、顧問税理士に聞いて教えてもらうのが良いでしょう。頻繁にファクタリングを利用する可能性もありますので、一度はしっかりと学び、ミスのない会計処理をする事も大切となってきます。簡単に言えば、先に入ってくる売掛債権を早急に回収しているイメージですので、借り入れなどを同じにしてはいけません。ただ問題なのはファクタリング業者への手数料をどう仕訳けるか?という事だと思います。もちろんこの手数料は経費にはなるのですが、仕訳けの仕方では後から修正をしなくてはいけない可能性も高い項目になりますので、やはり税理士さんに直接指導してもらうのが間違いないでしょう。売上から手数料を引くので売上が低くなってしまった気がしますが、売上自体は変わりません。利益が変わってくるイメージですので、その辺を最初にしっかりと理解をしてファクタリングの会計処理をした方が良いと思いますよ。