ファクタリング契約については2社間取引契約と3社間取引契約があります。2社間取引をするのが普通なのですが、どうしても取引先の経営状態やファクタリング業者に支払う手数料の事を考えると3社間取引契約にせざる終えない場合もあります。良い付き合いをしている取引先でしたら3社間取引契約でも良いと思いますが、あまり付き合いの浅いような取引先の売掛債権を売却する場合は2社間取引契約を選択した方が無難だと思います。中にはキャッシュいにはそこまで困っていない企業でも取引先の信用調査の意味をかねてファクタリングを利用している企業も最近では多くなってきました。この理由としましては、取引先の倒産の影響で売掛債権が回収出来ない事を阻止する為にです。あまりにも経営状態が良くない取引先とわかったら、敢えて取引をする事をやめてしまうのも経営の為には必要な判断となります。危険が大きいだけで、目先の売上を追ってしまうと自社にも悪い影響が出てくるかもしれませんからね。ファクタリングはキャッシュを作る方法でもありますが、実は取引先を調査する為にも使える優れた方法になるのです。会社を守り続けていく為にはとても重要な考え方だと言えるのではないでしょうか。このファクタリングをr使う事によって、今付き合っている企業の内情がわかり、実はとても危険な商いをしている事がわかる事もあります。いつ倒産してしまうかわからない状態の企業と取引をしている場合ですね。こういう時には、何も考えずにファクタリングを使って未然に売掛債権をある程度回収しておく必要も出てくるのです。これにはファクタリングしか出来ない事ですので、ただ単にキャッシュを生み出すだけではなく、それ以外のメリットとしてもファクタリングは非常に優れていると言えるのです。キャッシュフローに苦しんでいる企業では、ファクタリングを視野に入れた経営改善を行ってみるとかなり良いと欧米でも頻繁に使われている手段となっています。