ファクタリングについてになります。ファクタリングと言うのは売掛債権を先に売ってしまいキャッシュを作る方法になるのですが、このファクタリングを行っている会社にもいろいろな種類があります。主に取引方法に違いが出てくるのですが、最も大きな違いとして契約者とファクタリング業者だけで成り立つ取引、そしてもう一つは契約者、ファクタリング業者、そして取引先で契約を結ぶ取引が存在しています。ファクタリングをもし、キャッシュを作る為だけに使いたい場合は、取引先を入れない契約の方が間違いなく良いでしょう。取引先にファクタリングをしている事を知られてしまうと、自社の信用も無くなりますし、そのせいで今後の取引に影響を及ぼす可能性が考えられるからです。基本的にファクタリングを行う場合、銀行融資とは違い、審査は自社ではなく取引先の情報になります。取引先が優良であればファクタリングはすぐに成立しますし、その逆でしたらファクタリングは難航します。こういう事からも自社の信用問題は関係ないので、税金を滞納していようとも、融資が受けられないような経営状態でも売掛債権だけあればキャッシュを用意する事が出来るというのです。上手く話が進むと即日、数日以内にはキャッシュを作る事が出来るのもファクタリングの大きなメリットとなっていますね。融資を考えると、いろいろな書類を作成したり、銀行との交渉や打ち合わせで時間がかかる事が大半です。すぐにキャッシュが欲しいのに、と思っていてもなかなか思うとおりに進まないのが銀行融資なのです。その点、ノンバンクでは融資までの時間はかなり短縮されていますが、こちらも税金を支払っていないと借りる事は出来ません。こういう経営状態に陥っている企業では、まずファクタリングでキャッシュを作り、運転資金に使ったり、税金滞納分を支払ったりして、キャッシュフローの改善を見込みます。そこからまた新しい方向を見出して会社経営を潤滑に回るようにする為の方法とも言えるのです。