当サイトは「ファクタリングで会社のお金の悩みを解決」するコンテンツとなっています。(※当サイトが参照したファクタリング専門ガイド:ファクタリング)会社を経営していたり、個人事業主として経営をしているとまず出てくるのがキャッシュの悩み。これは宿命のようなものです。どこも余裕がある会社ってとても少ないのが今の時代なのです。この「金(キャッシュ)」を解決していかないとその会社の将来は無い物と同じ。せっかく売上をあげる力はあっても、現金が会社にないというだけで事業はうまく行きません。それだけ現金の力と言うのはすごいのです。では会社を経営する上でどのようなキャッシュの生み出し方があるのでしょうか?一番王道的なキャッシュの生み出し方は銀行からの融資ですよね。この銀行融資でもプロパー融資、保証協会付き融資などがあります。経営が悪化してくるとカードローンの提案を受けるケースもありますよね。一番理想的なのはプロパー融資ですが、なかなかプロパー枠を用意してもらうのには経営状態を良くしていないと難しいところがあります。保証協会付き融資が一番メジャーになりますが、コチラは保証人を立てる必要がない分、保証協会へ手数料を支払う必要が出てくるのです。カードローンにもなると金利が高くなってしまいますので、最後の手段と思っていた方が良いでしょう。この銀行からの融資自体が厳しくなると、次に考えられるのがノンバンクからの融資です。これは言うまでもありませんが、融資枠も少ないですし金利が高くなってしまいます。金利が高くなるとその分、売上高も大きくして利益をたくさん出さないといけなくなりますので、益々経営が厳しくなる傾向になります。ただこの【融資】に関しては共通する部分が一つだけあります。それは税金をしっかりと支払っている事。この条件が満たされていないと融資を受ける事がそもそも出来ません。しかし会社のキャッシュフローが厳しくなる一つの要因として、この税金の支払いが出来なくなるという事があります。税金と言うのは、予定納税と言って売上の見込みで先に支払うような仕組みが使われています。この予定納税が支払えないケースが多く、その結果、銀行などからの融資が受けられなくなってしまうのです。でも会社経営にはキャッシュが必要。ではどうしたら良いのでしょうか?そこで当サイトではファクタリングをご紹介しています。このファクタリングと言うのは、融資でも借り入れでもなく、売掛債権をファクタリング業者に売る事によってキャッシュを作る事が出来る手段になります。将来的に入ってくる売掛債権を先に売ってキャッシュに変えてしまう。これが簡単にいうとファクタリングという手段になるのです。当サイトでは馴染みの少ないファクタリングについて細かくご紹介していきますので、キャッシュが少なくて困っている経営者の方や、税金を滞納しているけどキャッシュを用意したいと思っている経営者の方は最後までご覧ください。